西日本実業柔道連盟
大会日程 試合結果 活動内容 連盟概要 加盟会社一覧 リンク
大会要項
組み合わせ
試合結果・入賞者一覧
大会日程トップページ

内閣総理大臣杯争奪
第58回 西日本実業柔道団体対抗大会実施要項 ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園)

今回大会における新規採用事項等についてのお知らせ
【重要】選手変更受付についてのお願い
選手変更受付書ダウンロード
 ■Adobe PDFファイル(約96KB) /  ■Microsoft Excelファイル(約42KB)
試合場におけるコーチの振る舞いについて
1.日時 平成30年5月13日(日) 午前9時45分(開会式) 開会式終了後試合開始
行事日程について詳しくはこちら
2.会場 ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園) 兵庫県尼崎市西長洲町1-4-1
3.主催 西日本実業柔道連盟
4.後援 全日本実業柔道連盟 近畿柔道連盟 兵庫県柔道連盟 阪神柔道協会 尼崎柔道協会
尼崎市 尼崎市教育委員会 尼崎市体育協会 (公財)尼崎市スポーツ振興事業団
5.参加資格
1) 参加チームは西日本地区内にあって、会社(事業所単位)、公社、クラブ等で、本要項に基づいて参加を申込み、且つ、参加料を納入したものであること。
   
2) 男子の部、女子の部とも参加チーム数の制限はしない。
   
3) 参加選手は、全日本柔道連盟に登録した者であること。(チームの監督については、今年度は全柔連の「公認柔道指導者資格制度」は適用しない。)
6.試合種目と方法
1) 試合種目は、第1部、第2部、第3部、女子の部による団体対抗戦とする。第1部、第2部は1チーム選手5名、第3部、女子の部は1チーム選手3名による点取り試合とする。
   
2) チームの員数は、第1部が監督1名、選手7名、計8名、第2部は監督1名、選手5名。補欠2名、計8名。第3部・女子の部は監督1名、選手3名、補欠1名、計5名。選手は各部を兼ねることは出来ない。又、チーム間の振替えも認めない。
   
3) 試合は、第1部、第2部、第3部及び女子の部はトーナメント戦で行い、優勝、準優勝、第3位を決定する。第2部及び女子の部は、出場チームが6チーム以下の場合はリーグ戦とし、優勝、準優勝を決定する。尚、第1部の1回戦で敗退したチームのうち抽選で2チームは次年度第2部へ出場し、第2部の優勝、準優勝チームは、次年度第1部に出場するものとする。
また、第3部の優勝、準優勝及び3位のチームは次年度は第2部出場を原則とする。第3部に複数出場可能なチームは第2部出場とするよう努める。
   
4) 男子3部及び女子の部は、先鋒には100kg超(男子)、78kg超(女子)の選手の出場を自粛するように努める。尚、選手全員100kg超、78kg超のチームはその中での最軽量選手を先鋒に起用するよう努める。
   
5) 選手の配列は第1部は試合ごとに変更を認める。第2部、第3部、及び女子の部は申込オーダーで戦う。第2部、第3部、女子の部において、
@.出場申込後のメンバーおよび順位の変更は認めない。
A.補欠出場の場合、事故者のあとを補う。
   
6) 申込書提出後の選手・補欠の変更、補充については、第1部・第2部は2名以内、第3部および女子の部は1名のみ可能とし、大会前日の代表者会議に理由を付して申し出たものに限り認める。選手に欠員が生じた時はまず補欠登録者をもってこれに充当することとする。事故により一旦退いた選手は、次回以降出場することはできない。但し、この場合はCの規定を適用しない。
   
7) 試合の勝敗は次により決定する。試合時間は、各部とも4分とする。
@.勝者数の多いチームを勝ちとする。尚、試合の勝ちの内容は、「一本」「技あり」「僅差(指導差2以上)」の3種類とし、これに満たない場合は「引分」とする。
A.@において勝者数が同数の場合は、「一本」による勝者の多いチームを勝ちとする。
B.Aにおいて勝者数が同数の場合は、「技有」による勝者の多いチームを勝ちとする。
C.Bにおいて勝者数が同数の場合は、任意で選出した選手による代表戦を行う。なお、代表戦についての試合方式は個人戦と同様とする(「僅差」による決着は無し)。
   
8) 選手は「ゼッケン」(チーム名、苗字、縦25〜30cm×横30〜35cm)を柔道衣に縫い付けて試合すること。この条件に適合していない者は試合に出場することはできない。
9) 柔道着チェックは、練習会場に設置した柔道着測定器で、試合前に選手各自が行うこと。
7.試合
1) 平成30年4月1日時点で全日本柔道連盟が採用している「国際柔道連盟試合審判規定」で行う。
   
2) 勝負の判定は、前号にかかわらず、6Fの定めを優先する。
   
3) 今大会の柔道着については従前通りとする。尚、2015年からの全日本柔道連盟認定の柔道衣を推奨する。
8.審判員 西日本実業柔道連盟の委嘱による。
9.申込方法
1) 申込期日 平成30年4月4日(水)必着(期日厳守):Eメールによる申し込みを原則とする。
   
2) Eメール用の申込書は連盟ホームページからダウンロード可能。または事務局にその旨メールすれば折り返しメール用申込書を返信する。
大会申込書ダウンロード
■Adobe PDFファイル(約220KB) / ■Microsoft Excelファイル(約50KB)
新入部員紹介用紙ダウンロード
■Adobe PDFファイル(約50KB) / ■Microsoft Excelファイル(約30KB)
PDFファイルのご利用には、 Acrobat Reader(無償)が必要です。
   
3) 申込先  
〒552-0001 大阪市港区波除6-5-18 近畿通関(株)内
西日本実業柔道連盟事務局
TEL 06-6582-5412   FAX 06-6582-3391
Eメールアドレス:nishijitsuju@basil.ocn.ne.jp
10.参加料 大会参加料として次の額を申込と同時に銀行振込で納入、振込は必ず会員(会社)名で行うこと。
振込先
三菱東京UFJ銀行くずは支店 普通預金口座 112530 西日本実業柔道連盟
参加 1チームにつき 20,000円…男子1・2部
参加 1チームにつき 15,000円…男子3部・女子の部
11.組合せ抽選会 抽選は、大会事務局が平成30年4月8日(日)にコンピューターにより厳正に行う。
なお、組合せの発表は4月13日(金)以降、西日本実業柔道連盟ホームページにて発表する。
12.表彰
1) 優勝チームに優勝旗を授与する。又、第1部・第2部の優勝チームに内閣総理大臣杯を授与する。
   
2) 優勝、準優勝チームおよび第3位(2チーム)まで賞状および入賞賞品を授与する。ただし、各部の参加チームが6チーム以内の場合は優勝・準優勝チームを、4チーム以内の場合は優勝チームのみを表彰する。
   
3) 男子第1部の最優秀選手1名に銅金賞を、男子第2部の最優秀選手1名に米澤賞を授与する。男子第3部の最優秀選手1名に龍村賞を授与する。女子の最優秀選手1名に岡林賞を授与する。
   
4) 新人(新卒者に限る)の中で最も活躍した選手に松本賞(男女各1名)を授与する。
   
5) 優秀選手に優秀選手賞を授与する(各部とも3名)。
   
6) 出場選手全員に参加賞を贈る。
13.総会及び代表者会議
1) 兵庫県尼崎市西長洲町1-4-1 ベイコム総合体育館地階会議室(研修室)において大会前日の5月12日(土)午後3時より「総会」を行い、終了後「代表者会議」を行う。
   
2) メンバー変更の受付を午後2時30分〜3時に行う。
   
3) 総会は各会社(事業所単位)、公社、クラブから代表者またはこれに準ずるもの(監督)1名を必ず出席させること。やむを得ず欠席の場合は必ず委任状を提出すること。
14.審判会議 大会当日午前8時45分より体育館会議室にて審判会議を行うので審判員・審判委員は必ず出席すること。
15.個人情報・
  肖像権
1) 参加申込書に記載された個人情報は大会ホームページ・大会プログラムへの掲載のほかに、マスコミ各社の番組・ニュースや新聞紙面をはじめとする大会運営業務のために使用する。
   
2) 大会で撮影された写真及び映像の肖像権は主催者に帰属する。
16.傷害保険 本大会において当連盟は傷害保険(死亡、後遺障害、入院に適用)に加入する。但し、試合中の傷害に対する補償のみとする。また、通院の補償には適用されないので各社又は各人は自己責任にて他の傷害保険に加入すること。
17.弁当斡旋 大会当日の昼食弁当を下記により斡旋するので希望チームは申込むこと。
1食 900円(お茶付、消費税込)
このページの先頭に戻る
Copyright(c)2004 West Japan Judo Federation. All rights reserved.
HOME HOME